スポンサーサイト

2017.05.18 Thursday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    株式会社ASTA3周年

    2008.11.15 Saturday

    0
      株式会社ASTA3周年
      乾杯!

      今日は株式会社ASTAの3周年の記念日です。
      でも誰にも言っていません。
      なぜかというと祝う金がないからです。
      株式会社ASTAは今火の車で少しでも現金収入の道を模索しながら年越しを目標にがんばっています。このような状況を作り出したのは私くろけんの責任です。
      だから今日はお祝いではなく罰を自分に課しました。
      「事務所の床磨き」
      これが僕への罰です。

      株式会社ASTAでは掃除をすると仕事が来るというジンクスがありますが、怠惰な僕らはついついさぼり部屋を汚い状態にします。
      その結果が今の貧困を生んだのかどうかはわからないのですが、罰としてはちょうどいいでしょ?

      我々には今朝ここに書いたようなアート活動をするための糧となる仕事があります。
      商業的イラストを描き、flashアニメーションを作り、WEBデザインや制作をします。
      この春には今までのやり方に問題があると気づいて営業力をアップするために作戦を遂行しましたが、少しばかりタイミングが遅くすぐには機能しませんでした。
      でも今その効果も少しずつ芽を出し始めましたのでなんとか少しでも上向きになればと思います。

      今日の床磨きを終えてビール一杯分だけの祝杯をあげました。
      仕事がうまく回るようになってお祝いができる状況ができたら半端な時期でもパーティーをやりたいと思います。

      JUGEMテーマ:ビジネス


      東京コンテンツマーケット2009に向けて

      2008.11.15 Saturday

      0
        ひとり物語
        今回東京コンテンツマーケット2008に出展をしてみていろいろと気づいた点も多々ありますが、全部すっ飛ばして来年の東京コンテンツマーケット2009について話しておこうと思います。
        今回何人かのアーティストの友人がブースに遊びにきてくれ、ほぼ口を揃えて「めちゃめちゃ刺激を受けた!」と言ってくれて来年の出展意思を示しました。
        ブース出展料が無料であることも一つの魅力ですが、他に見るアートイベントには見られない具体性を求めるイベントの方向性と、コンテンツを商品として売るというはっきりした目的が新鮮だったようです。
        STUDIO ASTAは直前までその趣旨に気づかず独自路線をとってしまいましたが、この東京コンテンツマーケットだけの傾向と対策を練るのであれば、イメージよりもリアリティーが大事で、言ってしまえば売れそうな要素を列挙することにつきると思います。
        来年我々が出展したいかというとまだわかりませんが、「来年は一緒に展示したいです!」と言われると「やりますかぁ」と答えてしまう自分がいます。

        STUDIO ASTAには実はたくさんのオリジナル・コンテンツ案があり、資金不足で形になっていないのが現状です。もしも1年後に出展をするのであれば最も商品化できそうな1つを選んで具体的なものを制作することが必要になります。
        TEAMASTAにおいてもアーティストの自己プロデュース力をあげることが目標だと言っていますが、この場ではもっともっと高度なビジネス頭が要求されています。
        なぜなら「一般人には伝わらないから」です。
        制作者はもっとプレゼン能力を身につけて誰が見ても「売れる」と判断できるものにして出展するべきだというのがここのルールになっています。

        この話もいずれ詳しくしますが、我々の考える正しいこととは少し食い違いを感じましたが、人生は異種格闘技のようなものだと考えてルールを研究し100%評価されるようなスタイルを作り上げるのもいいかもしれません。

        このイベントには事前の書類&映像審査でアドワーズという賞取り合戦が用意されていて、ここで賞を取ることは大きな力となるようです。
        今回我々はとることができませんでしたが、来年もし出展するのであれば大賞を目指すことが大事だと思われます。

        実際の作品(自ら商品と呼べないところがまだまだです)には絶対的な自信をもつSTUDIO ASTAですが、誰にでもわかるようなプレゼンを恥ずかしがらず、冷静に業務的に表現することを身につけようと思います。

        が、もしそれを我々が身につけたとしたら海外に自分で売りにいくようになるような予感がします。日本の芸術文化の向上に貢献したいのにそれでいいのでしょうか?

        これが次のテーマです。
        JUGEMテーマ:アート・デザイン


        東京コンテンツマーケット2008のまとめ

        2008.11.14 Friday

        0
          maoiの幻想動物物語
          東京コンテンツマーケット2008から半月が過ぎました。
          運良くこのイベントに参加できて以前の埋もれた環境から飛び出すチャンスなのですが、日々の生活を支える仕事に追われる毎日でいただいたメールにお応えできずにいます。
          仕事を手早く終えてこの週末にはご連絡させていただきます。

          本当に勉強になり、様々なことが見えてくるイベントでした。
          今何をするべきか?
          そのための資金をどう捻出するのか?
          最も効率の良いやり方は?

          そして自分を見失わずに生きるためにするべきことは?
          考えます。

          JUGEMテーマ:アート・デザイン


          アートイベント『Fragment』in六本木

          2008.11.06 Thursday

          0
            アートイベント『Fragment』にて絵獅匡さん3連休の最終日に六本木でアートイベント『Fragment』が開催され、友人の絵獅匡さんがライブペイントをやるというので見に行ってきました。

            この直前に開催された『東京コンテンツマーケット2008』は、我々が作るコンテンツを商品として一般の人たちに理解しやすく将来性を感じさせるように展示するというもので、株式会社ASTAとしてブースを構えましたが、80のブースの中では異色なアーティスティックな感じを醸し出してしまいました。商売としてはどう転ぶかわかりませんが、これからのコンテンツを考えさせるものになったと自負しています。

            話を戻してアートイベント『Fragment』はその真逆で、クラブのスペースにDJがお皿をまわして大音量の中、露天のような展示スペースにおのおのアクセサリーやTシャツ、絵、オブジェなどを並べて大半の人たちはプライス表示を出して販売の構えでお客との対応をしていました。
            友人の絵獅匡さんはそんな中壁に貼られた布地にエアスプレーで竜を描くパフォーマンスをしていました。いつもながらその絵のクオリティーはすばらしく、ペイント中にも観客の視線を集めていました。僕らはイベント終了まではいませんでしたので完成した絵を見ることはできませんでしたが、きっとすばらしいものだったでしょう。

            このところいくつかのイベントに触れていろいろと考える機会が増えてきました。



            JUGEMテーマ:アート・デザイン


            今日は

            2008.11.01 Saturday

            0
              081101_1953~01001.JPG
              JUGEMテーマ:地域/ローカル


              明治神宮復興50周年のお祭です。
              いろんな町の色々な踊りが見られるお祭りです嬉しい
              このお祭りに『原宿表参道元氣連』が出るので行ってきましたるんるん

              明治神宮御社殿復興50年記念「アカリウム」

              2008.10.31 Friday

              0
                明治神宮御社殿復興50年記念「アカリウム」
                昨日は明治神宮御社殿復興50年記念「アカリウム」に一行ってきました。
                明治神宮御社殿復興50年記念「アカリウム」原宿界隈の人たちとのおつきあいの中で奇麗だからぜひ行ってみた方がいいとのお誘いを受けて夜8時に(通常は5時半までで入場はできません)明治神宮を参拝。参道がライティングで幻想的になっていて幻想動物の住処はこんな感じ?と思われました。
                でもお化けが恐いタイプの人にはお化け屋敷に感じるかもね。


                JUGEMテーマ:地域/ローカル


                maoiの幻想物語 in 六本木ヒルズ

                2008.10.30 Thursday

                0
                  maoiの幻想動物物語
                  maoiの幻想動物物語は2005年に産声を上げてから株式会社ASTAのプロデュースのもと、ついに六本木ヒルズ40階を制覇しました。
                  なんてまるでヒットしたかのような言い方になりますが、零細企業のサポート力ではなかなか先に進むことのできないまま3年の月日が経ってしまい、年に2回くらいのイベント露出などを地道に企画したりしながら少しでも認知度をあげてゆくという動きしかできなかったこれまでにすれば大き前進を果たしたと思います。

                  東京コンテンツマーケット2008とは才能にあふれるコンテンツメーカーと企業間の橋渡しをしビジネスマッチングさせることが目的だそうですが、僕たちのやり方と素材はどちらかといえば本物志向の方にウケたようです。
                  今日明日ビジネスにはつながらないのかもしれませんが、あそこにはまだ動き出していない本物がある、とわかっていただけた手応えを感じましたのでまた地道でもしっかりと育ててゆこうと思います。

                  このイベントは買い手側の論理に制作者が合わせて、いかにビジネスに持ち込めるか?という正義の中で話が進みます。ものを作れていれば幸せで理解されなくても結構ですという考え方では出る意味がありません。
                  どちらかといえばそっちに近いASTAですが、今回は運命に導かれるように多くの人たちの援助でこの場所にたち、逆に成果をあげられるような形になったと思います。
                  見に来てくれたアーティストの友人たちにも刺激があったようで、いるんな意味で価値のあるイベントだったといえます。

                  もしも来年またこの東京コンテンツマーケットに出展をする可能性があるとすれば、具体的なビジネスにつなげられる企画と出来上がった作品を持った状態で参加すると思います。
                  来年出展を考えている方にもそう助言したいと思います。できるだけ誰にでも理解でき、価値があって明日にも売れそうなもの。だったらそれを持って直接企業に売り込めば?と思うかもしれませんが、営業下手なのが僕らのキャラなのでこのイベントの意味はここにあると思います。

                  今回はものすごく恵まれた事情を持って参加できましたが、その内容(お金を出してくれた会社の話)はASTA BLOGに書きますので興味があればご覧ください。

                  JUGEMテーマ:アート・デザイン


                  東京コンテンツマーケット2008が無事終了しました

                  2008.10.29 Wednesday

                  0
                    六本木ヒルズ
                    様々な人々のご協力をいただき東京コンテンツマーケット2008の株式会社ASTAのイベント参加が滞りなく終了しました。

                    皆さんありがとうございました。

                    後日改めてお礼と現地の様子を書きたいと思います。
                    この40階の景色を見ながらのイベントは最高でした。

                    26日の夜NHKとMXTVにASTAが放映されたそうです。ラッキー!

                    JUGEMテーマ:アート・デザイン


                    東京コンテンツマーケット2008 不思議の森

                    2008.10.28 Tuesday

                    0
                      東京コンテンツマーケット2008 ASTA
                      東京コンテンツマーケット2008 ASTA「maoiの幻想動物物語不思議の森」に沢山のご来場ありがとうございます。
                      東京コンテンツマーケット2008 ASTA
                      海外のコンテンツを紹介しているという方、映画関係の方、僕らと同じようにコンテンツを作っている方など面白い話を聞かせていただき、大変勉強になりました。
                      東京コンテンツマーケット2008 ASTA
                      昨日今日と2日だけのイベントですがご都合のあう方はぜひご来場ください。
                      12枚の原画の展示をお楽しみいただけるうえに、幻想動物が教えてくれるあなたの性格カードを差し上げます。
                      JUGEMテーマ:アート・デザイン


                      東京コンテンツマーケット今日本番

                      2008.10.27 Monday

                      0
                        東京コンテンツマーケット2008 ASTA
                        いよいよ今日東京コンテンツマーケットの本番です。
                        39番のブースは有限会社ケナーさんのおかげでこのような森に仕上がりました。
                        デジタル系のブースが多い中ちょっと異質な株式会社ASTAの不思議の森は癒される空間になっていると思います。
                        今日この中に菩提樹が立つ予定です。
                        さあ出かけてきます。

                        JUGEMテーマ:アート・デザイン